滋賀医科大学 分子診断病理学部門

病理学,基礎医学研究に興味のある学生の方へ

当部門では、病理学や基礎医学研究に興味を持っている本学学部学生の方を対象に、研究活動等を見学・体験することができる機会を設けています。
「医学部での“研究”ってどんなことをしているのだろう?」「病理学/病理医について知りたい」といった学生の方、お気軽に当部門をお訪ねください。研究室案内や研究内容の紹介などをさせていただきます。「将来は病理医になる!」という方も大歓迎です。また、このような機会は(放課後や週末・休暇期間中を含め)いつでもオープンにしていますが、「自主研修(医学科4年生配当)」などに参加することで、より一層の経験を積み、学部在籍中から先端的な研究に参加することも可能です。

分子診断病理学部門の理念と活動概要

分子診断病理学部門の理念

研究と診断のバランスのとれた若手病理医を養成し、病態の解明等を通して医学・医療の発展に貢献する。

当部門の活動概要

私たちは基礎医学分野の中にあって、学生教育に加え、臨床の最終診断に関わる病理専門医を育てるという使命を担っており、病理解剖や臨床検体の診断業務を通じて、実践的な病理医教育を行っています。また、研究面では、日本では未だに最も罹患率の高い胃癌が、どのように発生し,どのように進展していくか,それをどのように予知できるかという問題に対し、日常の臨床検体などから得られる試料を使って、組織内に発現するタンパク質を検出する免疫組織化学・ゲノム変化を捉える分子細胞遺伝学,更に細胞培養・動物実験と、様々な角度からアプローチしています。

参加・体験できる活動

病理解剖・症例検討会(CPC)

当部門では、以下のようなことができます。

  • 附属病院で亡くなられた患者さんの病理解剖の見学

    基礎研究棟1F,臨床研究棟ピロティの黄色回転灯が点灯している時は、解剖センター1Fびわこ側の病理解剖室で病理解剖が行われています。特殊な場合を除き学生でも見学可能ですので、白衣着用の上、直接病理解剖室にお越しください。(但し、当該時間帯の講義・実習を履修していない場合に限る。)

  • 解剖で採取された臓器の切出し,肉眼的診断,検体処理,染色と組織学的診断の体験

  • 臨床医をまじえた症例検討会や全学CPC等への参加

    全学CPCの予定は医師臨床教育センターより学内メールでお知らせしています。また、診療科ごとの症例検討会も随時実施していますので、興味のある方は当部門スタッフまでお尋ねください。なお、過去の症例報告などは当部門のonline症例集などで公開しています。

外科病理診断

外科病理とは、患者から直接採取される生検標本や手術標本を対象として、臨床情報をもとに病理組織学的な診断を行っていくことです。
具体的には、腫瘍性疾患の良性/悪性の判定や炎症性疾患・感染症等の診断、腫瘍の場合はその組織型の判定に加え腫瘍の進行度や他臓器・リンパ節への転移の有無などの診断を(必要に応じて免疫組織化学染色などの特殊染色を加えながら)行っています。
これらの情報は患者さんの治療法や経過・予後に深く関係するものであり、臨床医が治療方針を決定するためには病理学的なエビデンスに基づいた確定診断が必要になります。私たち病理医は病理診断を通して、ほとんどの診療科における治療の重要なプロセスに深くかかわっています。
当部門では、県内各地の病院等で採取された標本の病理診断を実際に体験することができます。

癌の発生と特性の研究

消化器癌(胃癌・大腸癌)を中心とした腫瘍について、様々な手法を用いた研究の実際を見学・体験できます。肉眼所見と病理組織像の検討に始まり、免疫染色・DNA抽出・染色体や遺伝子の解析などを通し、また動物実験や培養細胞を使って、様々な角度から癌の特性について検討します。従来の腫瘍の病態発生論やそれに基づく腫瘍分類は、可逆的な変化も不可逆的な変化も含む形態情報を基盤にしていますが、私たちは「基本的に不可逆的なゲノム変化や安定なエピゲノム変化を基軸にすれば、もっとシンプルで明快な分類にできる」と考えています。症例を既存の分類に振り分けるだけでなく、分類そのものをつくることに興味のある人を求めています。

習得できる技術等

組織学的技術
組織の固定と切出し,パラフィン包埋,薄切,各種染色,顕微鏡カメラによる撮影,凍結切片作成
組織化学
免疫組織化学,酵素組織化学,その他の(線維・粘液等を証明する)組織化学
電子顕微鏡
固定,樹脂包埋,超薄切片作成,電子染色,撮影とフィルム現像,写真プリント
情報処理技術
ガラススライドのバーチャルスライド化,各種画像解析
動物実験
腫瘍等の疾患モデル動物の作成
細胞生物学・分子生物学的技術
フローサイトメーター,細胞分離(セルソート),モノクローナル抗体作成,ウエスタンブロット,細胞培養,レーザーマイクロダイセクション,DNA・RNA抽出と精製,定量的PCR,定量的RT-PCR
分子細胞遺伝学的技術
蛍光 in situ hybridization (FISH),Comparative genomic hybridization (CGH)マイクロアレイ,DNAフラグメント解析(LOH解析など)
ヒトの解剖
病理解剖による病態の解析(形態所見の統合,解釈)

自主研修(医学科4学年配当科目)について

自主研修では、病理解剖実習を基本にし、その症例解析を通じて、知識を統合する構想力の重要性を理解してもらうことを主な目的にしています。具体的には、これまでの知識を動員して解剖のマクロ、ミクロ所見をとり、その所見と簡単な臨床情報から生前の病態のストーリーを再構築してもらい、臨床医との討論に臨みます。この討論を通じて、皆さんが構想した病態のストーリーを、詳細な臨床的事実から逆に検証することができます。
また、研究の現場に触れることによって、いかに構想力が大事であるか、また分子生物学を駆使する腫瘍研究においても病理形態情報がいかに重要であるかを理解してほしいと思っています。
(自主研修の詳細については、教務情報(自主研修)等を参照してください。)

研究医養成特別コースについて

本学の研究医養成特別コース「産学協働支援による学生主体の研究医養成」では、「病理学専攻」を含む4つの専攻分野が設定されています。
(本プランに関する詳細は、研究医養成コース特設サイトをご覧ください。)