#15, 58 心筋梗塞(急性・陳旧性) (基本病変1 その3)

#15, 58 Heart, myocardial infarction (acute, old)

#15では冠動脈の閉塞による心筋の虚血性凝固壊死をみる。壊死部分の境界が明瞭であること、壊死の形態的特徴を確認する。正常心筋には、通常の心筋と、グリコーゲンを多く含み,細胞質が白っぽい(刺激伝導系の)特殊心筋とがある。内膜側の内膜直下に特殊心筋がある。壊死になっているのは通常心筋なので、見るべき境界は乳頭筋の部分ではなく、左室壁の中間層から外膜下での、壊死と壊死でない通常心筋との境界である。壊死心筋は好中球により融かされつつある
#58では壊死心筋が処理され、最終的に線維に置き換わった像がみられる。

“#15, 58 心筋梗塞(急性・陳旧性) (基本病変1 その3)” の続きを読む

A case of heavy drinker with hyponatremia culminating in sudden death soon after hospitalization

Masaaki Yamana1), Yuhki Yagi2), Takuzo Nambu2), Masahiro Yamamoto3), Tadashi Hagiwara4), Hiroyuki Sugihara4)

1) Junior resident, Kohka Public Hospital
2) Department of Internal Medicine, Kohka Public Hospital
3) Depertment of Central Clinical Laboratory, Kohka Public Hospital
4) Division of Molecular and Diagnostic Pathology, Department of Pathology, Shiga University of Medical Science

[Abstract]
A male in his early fifties complained of headache and tremor. Since about 2 years before his last hospitalization, he noticed headache and consulted the department of neurosurgery in our hospital. But CT and MRI studies failed to specify its cause. One day before his last hospitalization, his headache exacerbated and tremor and nausea/vomitting appeared, and then he consulted our hospital. He had been daily heavy drinker without sufficient food intake. Laboratory tests revealed abnormalities in hepatic function and hyponatremia. He was hospitalized immediately since alcoholic liver injury with vitamin B1 deficiency was suspected. He received infusion for correction of electrolytes composition and vitamin supplementation. In the next morning, he was found in a state of cardiopulmonary arrest and was not respond to resuscitation. Autopsy revealed moderate congestion and edema of lungs as well as alcoholic cardiomyopathy, steatohepatitis, chronic pancreatitis with a pseudocyst and Welniche encepholopathy. It was inferred that latent heart failure in the background of alcoholic cardiomyopathy and malnutrition was exacerbated suddenly by arrhythmia. Here we report the discussion at CPC and consideration on the pathophysiologic background of hyponatremia and sudden death in this case.

Key words: alcoholic cardiomyopathy, hyponatremia, acute heart failure

現在の研究テーマ等一覧

テーマ名をクリックすると当該テーマの業績一覧を表示します。


① 早期胃癌と進行胃癌との関係、胃癌の進展機構

 

② 胆汁による発癌と癌進展

 

③ ヘリコバクター胃炎による発癌

 

④ 診断病理

 

⑤ 食道癌・胃癌の進展にかかわるエピジェネティックな変化(中華人民共和国 凌志強博士との共同研究を含む)

 

④ 診断病理

向所賢一、石本立、稲富理、仲山貴永、安藤朗、杉原洋行
肝門部胆管癌が疑われた混合型肝癌の一剖検例(CPC解説)
病理と臨床(34):4,395-401,2016

米丸隼平、武内美紀、山本昌弘、黒川龍美、岡田勝治、杉原洋行
骨髄異形成症候群の経過中に発熱、腹痛と白血球増加をきたして死亡した1例
公立甲賀病院紀要(17):29-36,2014

向所賢一、杉原洋行
粘膜下浸潤癌と脈管侵襲:専門医のためのアトラス
胃がん perspective(7):3,30(178)-33(181),2014

中浦玄也、木村寧、南部卓三、山本昌弘、杉原洋行
閉塞性黄疸を来したEBウイルス関連びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例
公立甲賀病院紀要(16):23-28,2013

谷本匡浩、小山哲朗、南部卓三、山本昌弘、石垣宏仁、杉原洋行
潜在性心筋梗塞による脳梗塞とともに肺炎が遷延化し呼吸不全により死亡した症例
公立甲賀病院紀要(15):29-36,2013

山名正昭、八木勇紀、南部卓三、山本昌弘、萩原恭史、杉原洋行
アルコール多飲歴があり低ナトリウム血症を来して入院後急死した症例
公立甲賀病院紀要(14):69-74,2011

三好薫人、寺村真範、酒井宏、高山智行、環慎二、岡林旅人、川島剛史、山本昌弘、萩原恭史、杉原洋行
急性心筋梗塞に対するpercutaneous coronary intervention後に突然死を来した症例
公立甲賀病院紀要(13):37-44,2010

井上明星、山田 衆、山本昌弘、杉原洋行
左片麻痺で発症した脳梗塞の1例
公立甲賀病院紀要(12):47-54,2009

石川祐一、山田衆、南部卓三、辻岡俊幸、山本昌弘、仲山貴永、杉原洋行
呼吸苦を訴えた40歳代女性の突然死の1例
公立甲賀病院紀要(11):31-38,2008

西尾友宏、南部卓三、辻岡俊幸、山本昌弘、中川雅夫、杉原洋行
前立腺とクローン病の治療中に発症した急性心筋梗塞の1例
公立甲賀病院紀要(10):27-33,2007

Sugimoto T, Nakazawa J, Yomoda M, Hirata K, Kawasaki T, Uzu T, Nishio Y, Sugihara H, Eguchi Y, Kashiwagi A
Necrotizing fasciitis resulting from Eschrtichia coil in a patient with chronic rheumatoid arthritis.
APLAR Journal of Rheumatology(10):57-59,2007

中村悦子、九嶋亮治、岡部英俊、服部隆則、福島一登
小児の舌原発胞巣状軟部肉腫の1症例。
診断病理(23):4,314-317,2006

向所賢一、杉原洋行、八木勇紀、南部卓三、山本昌弘、辻岡俊幸
重症性膵炎の1例
公立甲賀病院紀要(8):47-52,2005

杉原洋行、中村悦子、西山敬三、山本昌弘、辻岡俊幸
Intravascular lymphomaの一例
公立甲賀病院紀要(7):51-56,2004

杉原洋行、塚下しづき、山平めぐみ、山本昌弘、辻岡俊幸
病理からみたCPC :多彩な塞栓症を示した胆管細胞癌の一例
公立甲賀病院紀要(6):61-66,2003

細胞障害

代謝異常

遺伝

循環障害

感染症

自己免疫・慢性炎症性疾患