バーチャルスライドの使用について

 記事中に表示されている「バーチャルスライドで見る」欄のサムネイル画像をクリックすると、当該実習標本をバーチャルスライドで見ることができます。バーチャルスライドは別ウインドウ/タブで開きます。
 なお、バーチャルスライド・アルバム掲載写真については、不定期にブラッシュアップ(追加・更新)を行っているため、アルバム記事の写真とバーチャルスライドとが全く同じ症例ではないことがあります。


バーチャルスライドとは
 バーチャルスライドとは、従来より用いられてきたガラス標本を、専用機器を用いて精密にスキャンしてデジタル化し、画面上で顕微鏡を見ているかのように扱えるようにしたシステム・データのことです。システム条件に適合した環境であれば、デジタルマップ(Google マップやYahoo!地図など)のような感覚で顕微鏡像を見ることができます。本学では、浜松ホトニクス(株)のNanoZoomer 2.0-RSを使用しています。

システム条件
OS: Win XP, Vista, 7 / Mac OS X v10.2.x 以降
動作確認ブラウザ: Win Internet Explorer, Firefox, Google chrome / Mac Firefox, Safari
(いずれのブラウザでも最新バージョンの使用をお勧めします。)
なお、Internet Explorer使用時やデータをダウンロードして利用する場合はNDP viewer(無償)が必要になります。NDP viewerはバーチャルスライドアクセス時に自動的にダウンロードされます。詳しくは浜松ホトニクス(株)のバーチャルスライドのページをご覧ください。


バーチャルスライドの操作について

 マウスでの操作
  左ボタンでドラッグ:画像を移動
  左ボタンでクリック:クリックした点を画面中央に移動
  右ボタンでドラッグ:ドラッグ範囲を画面いっぱいに拡大(任意の倍率に変更)
  マウスホイール回転:倍率変更(IE,FIrefox使用時のみ)
  Controlキーを押しながらマウスホイール回転:ピント変更(ピント可変画像の場合のみ:IE,FIrefox使用時のみ)

 キーボードでの操作
  矢印キー(←↑→↓):矢印方向に移動
  R:画像を回転(キーを押すごとに90°回転)
  R長押し:マウスで任意の角度に画像を回転(IE使用時のみ)
  Spase:オーバービュー(ルーペ像相当)を表示
  +:高倍率レンズへ(倍率変更)
  -:低倍率レンズへ(倍率変更)
  PageUp,PageDown:ピント変更(ピント可変画像の場合のみ)
  B:スケールバー表示変更(キーを押すごとに 白色で表示→黒色で表示→表示なし)
  M:マップウィンドウ(右下の小さな画面)表示/非表示
  S:ステータス 表示/非表示
  T:ツールバー 表示/非表示(IE使用時のみ、他のブラウザでは常時表示)
  I:表示設定ウィンドウ 表示/非表示(IE使用時のみ)
  F:シャープエッジフィルタ 適用/非適用(IE使用時のみ、通常は非適用)
  L:言語選択(IE使用時のみ)
  F1:ヘルプウィンドウ 表示/非表示(IE使用時のみ)

 数字キー/テンキー等での操作
  +:高倍率レンズへ(倍率変更)
  -:低倍率レンズへ(倍率変更)
  0:オーバービュー(ルーペ像相当)を表示
  1:1.25×(倍率変更)
  2:2.5×(倍率変更)
  3:5×(倍率変更)
  4:10×(倍率変更)
  5:20×(倍率変更)
  6:40×(倍率変更:標本によってはデジタルズーム)
  7:63×(倍率変更:デジタルズーム)
  8:100×(倍率変更:デジタルズーム)

このサイトについて

 このアルバムは、滋賀医科大学医学部医学科の3年生前期に開講される「病態発生学実習」で観察・スケッチする標本のうち、病理学講座 分子診断病理学部門 の担当分野の顕微鏡写真を掲載することを目的としたものです。
このアルバムはどなたでも利用いただけますが、基本的には上記の実習を履修している本学医学生を対象としているため、実習中の解説と重なる説明コメントを省略すること等があります。
(利用にあたっては「重要なお知らせ」を、また掲載記事につきましては「掲載標本・カテゴリについて」をご確認ください。)


実習標本アルバム>この記事

重要なお知らせ

この実習標本アルバムの使用により発生した人的・物的損害について、当部門は一切の責任を負いません。

この実習標本アルバムの一部の記事や記事内の写真等(以下、「記事等」という)を保存・印刷することは、個人的な勉学のための場合のみ可能とします。

記事等を、インターネット上で再配布(出典を示さずにSNS等へアップロードすることを含む)することや、営利/非営利を問わず印刷物等に当部門に無断で転載することを厳に禁止します。

参考:人体および人体標本を用いた医学・歯学の教育と研究における倫理的問題に関する提言(PDF)」(日本解剖学会・日本病理学会・日本法医学会)


実習標本アルバム>この記事

掲載標本・カテゴリについて

掲載標本について
この実習標本アルバムには、滋賀医科大学 医学部医学科 3年生配当科目の「病態発生学Ⅰ(講義/実習)」(病理学講座 分子診断病理学部門(以下,当部門)担当)で使用する実習標本、および、病態発生学Ⅰと同期間に開講される「腫瘍学」の当部門担当実習分の実習標本を掲載しております。

さらに、上記2科目と並行して開講される「病態発生学Ⅱ」(病理学講座 疾患制御病理学部門)で使用する実習標本につきましても、暫定的に掲載しております。

 

掲載順・カテゴリについて
掲載順序につきましては、原則的に病態発生学Ⅰ・腫瘍学の実習に準拠しております。

 

「病理学総論的分類」について
病理学総論分野の自主学習などのため、掲載標本の一部を病態発生機序に基づき再分類し「病理学総論的分類」としてまとめました。
この部分の記事では、原則としてバーチャルスライドへのリンク、および当該標本の解説記事へのリンク(一部の標本のみ)を表示しております。


 

実習標本アルバム>この記事

滋賀医科大学 分子診断病理 実習標本アルバム

病態発生学Ⅰ・腫瘍学等の実習標本の顕微鏡写真アルバムです。滋賀医大バーチャルスライドにもリンクしています。

バーチャルスライドの使用方法などについては、「バーチャルスライドの使用について」をご覧ください。

利用にあたっては、「このサイトについて」・「重要なお知らせ」・「掲載標本・カテゴリについて」をご確認ください。


【カテゴリ一覧】

  • 付:病理学総論的分類