#253 慢性活動性肝炎 (基本病変1 その2)

#253 Liver, chronic active hepatitis

門脈域周辺の肝細胞索がリンパ球に攻撃されて融解し、切り崩され、リンパ球に置換されているpiecemeal necrosis(虫食い壊死)という液化壊死と、不規則再生(小型肝細胞が密集した、類洞の目立たない、中心静脈の無い結節)をみる。


バーチャルスライドでみる

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)

解説写真とコメント

253-1
強拡大のみ。

診断は 慢性(活動性)肝炎 です。虫食い壊死が見られます。


関連リンク

病理コア画像 10-(1)-4 慢性ウイルス性肝炎