#83, 131 糖尿病性腎症(KIMMELSTIEL-WILSON症候群) (代謝異常1 その1)

#83, 131 KIMMELSTIEL-WILSON syndrome


バーチャルスライドでみる

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)

#83
#131

解説写真とコメント

83,131-1
83,131-2

診断は 糖尿病性腎症 です。結節性病変(上)、Fibrin cap(下)が見られます。

上写真補足:左側は結節性病変のみ、右側は結節性病変に加えて輸出・輸入動脈の細動脈硬化が見られます。

結節性病変はメサンギウム基質の増加によってメサンギウム領域が結節性に拡大します。そのため、メサンギウム細胞は結節の辺縁部に押しやられ、結節中心部に核が見られなくなります。フィブリンキャップはフィブリンの滲出によるので、核を含まず、結節性病変よりも赤い。(すぎはら)


関連リンク

病理コア画像 12-(7) 糖尿病性腎症