#151 急性骨髄性白血病 (造血器系2 その1)

#151 Bone marrow, acute myeloblastic leukemia (AML)

脂肪成分が著しく減少。造血スペースのほとんどが未熟な骨髄芽球様の腫瘍細胞で占められている。巨核球や赤芽球級はまれにしか見られない。個々の芽球をみても正常の骨髄芽球と区別できない。芽球がこのように一面に(少なくとも10個以上かたまって)みられてはじめて腫瘍の認識ができる。


バーチャルスライドでみる

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)

解説写真とコメント

151-1

関連リンク

病理コア画像 1-(5) 急性骨髄性白血病