#279 慢性骨髄性白血病 (造血器系2 その3)

#279 Bone marrow, chronic myeloid leukemia (CML)

顆粒球系の細胞が著しく増生している。未熟なものから成熟した好中球まで。赤芽球は減少している。この標本の中の造血細胞はほとんど腫瘍性で、ときどき見られる赤血球ですら腫瘍性である。


バーチャルスライドでみる

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)

解説写真とコメント

279-1

関連リンク

病理コア画像 1-(6) 骨髄増殖性疾患(慢性骨髄性白血病)