#47 びまん性大細胞性B細胞リンパ腫 (造血器系3 その3)

#47 Lymph node, diffuse large B cell lymphoma

濾胞構造を作らず、未熟な腫瘍性リンパ球が増生している。その核は大きく(血管内皮細胞の核よりも大きい)、明るく、核小体が目立つことを確認する。胚中心のcentroblastでは、核小体が核膜近傍にあることが多いが、この標本で見られる腫瘍性リンパ球では、核小体が核の中心にあり、(形質細胞plasma cellの前段階である)免疫芽球immunoblastへの分化を示している。実際、形質細胞にまで分化した腫瘍細胞も少数混在している。


バーチャルスライドでみる

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)

解説写真とコメント

47-1

関連リンク

病理コア画像 2-(6) びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫