#64 ホジキンリンパ腫 (造血器系3 その4)

#64 Hodgkin’s lymphoma, mixed cellularity

大きな核小体など、未熟性を反映した異型が目立ち、Bリンパ球としての機能をほとんど失ったRS細胞が腫瘍細胞であり、背景のリンパ球が通常の小リンパ球(非腫瘍性)であることを確認。好酸球と形質細胞の浸潤もみられ、一見炎症組織のように見える。


バーチャルスライドでみる

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)

解説写真とコメント

64-1

二核のReed-Sternberg細胞・単核のHodgkin細胞が認められます。


関連リンク

病理コア画像 2-(4) ホジキンリンパ腫(結節硬化型、混合細胞型)