#12, 222 結核(慢性細菌性肺炎) (呼吸器系2 その3)

バーチャルスライドでみる

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)

#12 Lung, tuberculosis (CHRONIC/BACTERIAL)
#222 Lung, miliary tuberculosis (CHRONIC/BACTERIAL)

解説写真とコメント

#12 肺結核

12-1

結核結節は相互に癒合した大きな乾酪壊死を形成している。
(詳しい説明は、基本病変1 その5をご参照ください。)


#222 肺,粟粒結核

222-1
222-2

#12と対照的に乾酪壊死傾向が乏しい。hostの免疫能が低下していることを反映している。どのような経路で菌が広がって肺に粟粒病巣ができたのでしょうか。


関連リンク

病理コア画像 5-(11) 肺結核症

参考:#200 結核性髄膜炎

#200 Meninges, tuberculous meningitis, exudative phase

結核でも、細胞外に結核菌が放出されると好中球の強い反応が起こる。やがて好中球は融けて乾酪壊死となり、周囲にマクロファージが集まってきて肉芽腫を作りかけている。#168(proliferative phase, バーチャルスライド作成中)では肉芽腫ができあがっている。

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)