#236 リウマチ結節 (骨・関節系1 その2)

#236 Soft part, rheumatoid nodule


バーチャルスライドでみる

(サムネイル画像をクリックすると、バーチャルスライドビューアが起動します。)

解説写真とコメント

236-1
236-2

リウマチ結節。中心に赤みの強い(フィブリンをたくさん含む)壊死組織(=フィブリノイド壊死、フィブリノイドとは、フィブリンと免疫複合体を含むもの)のある肉芽腫で、壊死部に突き刺さるように密に並んで分布する紡錘形の類上皮細胞(マクロファージ)が特徴的。しかし、すべてを取り仕切っているのはその周囲にいる、目立たない(T)リンパ球であることを忘れないように。(すぎはら)


関連リンク

病理コア画像 19-(2) 関節リウマチ